クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングについて。

クラウドコンピューティングと共に語られるようになったのがエッジコンピューティングです。

比較されることもよくありますよね。

英語でエッジとは端のことです。

クラウドコンピューティングが雲の上とイメージされるなら、

逆にエッジコンピューティングは末端にあるというイメージでしょうか。

エッジコンピューティングが注目されてきたのは、

AI(Artificial Intelligence:人工知能)やセンサーの発達、IoT(Internet of Things モノのインターネット)の実現により、

ユーザーの端末に近い距離にあるサーバーで処理する必要が出てきたためです。

クラウドコンピューティングのメリットは、

クラウド側にある強力で複数台のコンピューターリソース(資源)を利用できることです。

高性能のコンピューターを利用できるので、高度で複雑な計算はクラウド側で行えます。

その結果を端末に返すことで、ユーザー側は非力なスマホでも高機能で便利なサービスが利用できるようになりました。

例えばGoogleの翻訳などですね。

AIを使ったサービスのほとんどはクラウド側で処理されています。

ただしクラウドコンピューティングにはデメリットもあります。

インターネットの通信回線が高速になったとはいえ、

クラウド側のコンピューターと端末のコンピューターには、どうしても物理的な距離があります。

だから通信に時間がかかり、処理の遅延が課題になっています。

エッジコンピューティングは端末だけ、または工場内のような限られた空間内のサーバーを使います。

距離がすごく近いコンピューター同士で通信するため、通信速度が速いのが特徴です。

またスマートフォンやタブレット端末の進化で、高度な処理も端末内で完結するようになるかもしれません。

iPhoneのようにAIやAR(拡張現実)に対応できるように設計された機種も登場しているし。

今後はクラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの使い分けが大事になってくるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。