クラウドコンピューティングなら、Java言語が使えます。

クラウドコンピューティングのメリットの一つにJava言語が使えることがあります。

これまでは、プログラマー初心者が、個人でJava言語を学んでも、活用してみる場が少なかったです。

デスクトップ上で動くアプリケーションなら問題ありません。

でもサーバーサイドのアプリケーションを開発しても、公開する場が少なかったのです。

Javaが動くサーバーを構築するか、数少ないJava言語が使えるレンタルサーバーを利用するしかありません。

システム開発会社で働いていれば、Java言語が使える機会はあるでしょう。

レンタルサーバーの多くは、Java言語が使えません。

CGIやPHPが使えるレンタルサーバーは多いですが、Java言語を使ったサーブレット(Servlet)やJSPが使えるのは、ごく少数です。

そこで登場するのが、クラウドコンピューティングです。

クラウドコンピューティングで、Java言語が使いやすくなりました。

以下のサービスでは、Java言語が使えます。

Google App Engine(GAE)
Amazon EC2

Google App Engine は、「無料の割り当て」があり、ある程度までは無料で使えます。

Amazon EC2 は、時間単位で使えるので、かなり安く試せます。

Java言語は、開発者が多いプログラミング言語です。

クラウドで、その人材を活用することができます。


【補足】
Java言語がまったく初めてという人は、以下の無料講座をご利用ください。

Java言語を基礎から学ぶことができます。

Java初心者入門講座

デスクトップ上で動くアプリケーションの開発がメインですが、Java言語の基礎知識が身に付きます。



クラウドコンピューティングとプログラミングの学習との関係。

クラウドコンピューティングプログラミングの学習には、深い関係があります。

最近はクラウドコンピューティングを活用する企業が増えてきました。

それに伴い、クラウド上で動くシステムを開発するベンダーも増えています。

自社開発する場合でも、プログラマーやSE(システムエンジニア)は必要です。

するとクラウドと関わるプログラマーやSEの人数も増えることになります。

プログラミングの学習との関係で言えば、クラウドを利用したシステム開発に対応できるように、プログラマーやSEの社内教育が必要です。

またクラウドは、プログラミング初心者にも関係があります。

もしあなたがプログラミングが出来れば、個人でもクラウドを使って、新しいサービスを開始できる可能性があるからです。

最近はクラウドの技術に関する書籍が増えてきました。

インターネット上の情報も増えています。

したがって、個人でもクラウドコンピューティングについて学ぶことが可能です。

また、クラウドコンピューティングをプログラマーやSEの視点で見ると、サーバーの構成やメンテナンスから解放されるメリットは大きいです。

クラウド上で動くアプリケーションの開発に専念できるからです。

しかも Google や Amazon といったIT大手企業のサービス基盤上で運用できるということは、インフラの運営ノウハウを活用できるということです

サーバーの付加分散、バックアップ、セキュリティ面など、一通り整っています。

その分、時間や労力をシステム開発に集中できます。

クラウドは、企業にとってもサーバー設備の導入費、メンテナンスの手間、人件費が省けるので、コストダウンになります。

クラウドコンピューティングで、個人にもビジネスチャンスが広がった。

今回、ぜひお伝えしたいのは、個人でもクラウドコンピューティングを利用して、新たなビジネスを始めることが可能だということです。

アイデア次第で、クラウドで起業することができます。

以下のサービスは、個人でも利用可能です。

Google App Engine(GAE)
Amazon EC2
Amazon S3
Microsoft Windows Azure

クラウドは、「個人がちょっとしたスーパーコンピューターを使える時代になった」と言えます。

これまでは、大学や企業でしかできなかった処理が、個人でも出来るようになったのです。

クラウドコンピューティングを利用することで、高性能のサーバー、膨大な計算処理能力が、必要な時に必要な分だけ使えます。

クラウドを使うと、資金力の無い個人でも、費用を最小限に抑えて、新たなサービスを開始できるのが、大きなメリットです。

もしビジネスが成長すれば、クラウドのサーバーを拡張すればよいだけです。

逆に縮小も簡単です。

このように拡張性(スケーラビリティ)に優れています。

またクラウドの多くは、実際に使用した分だけ料金を支払う「従量課金制」となっています。

クラウドコンピューティングのサービスによっては、数時間だけ借りるということも可能です。

そのため費用面で、安心してビジネスが展開できます。

さらにサーバーの構成やメンテナンスは考えなくてよいので、クラウド上のシステム開発に集中できることもメリットです。

資金や人材の少ない個人事業では、経営資源や時間を集中できるのは、大きなメリットです。

クラウドコンピューティングを使うことで、個人でもITビジネスに挑戦しやすくなりました。

地方の田舎にいても、クラウドでビジネスができます。


【補足】
Google App Engine は、「無料の割り当て」があり、ある程度までは無料で使えます。

無料の割り当てを超える分に関しては、追加購入する仕組みです。

だからクラウドでのシステム開発を体験するのにお薦めです。

Amazon EC2も時間単位で使えるので、かなり安く試せます。


スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。