クラウドコンピューティングを利用して、新たなサービスを提供する側

最近では、クラウドコンピューティングを提供するサービス事業者のサーバーを利用し、新たなサービスを開始する会社も出てきました。

例えば Dropbox は、Amazon が提供しているクラウドコンピューティングを利用していると言われています。

Dropboxは、オンラインストレージ(またはデータストレージ)として、一般ユーザーに無料(2GBまで)、または有料で提供しています。

*最近はクラウドストレージと表現することもあります。

サービス事業者のコンピューターを使えば、ビジネスの規模に合わせて、借りるサーバーの容量を増減できるので、スケーラビリティ(拡張性)に優れています。

最初は小さく始めて、ユーザーが増えると、サーバーの容量も増やせるわけです。

しかも設定は全てネット上ででき、短時間で反映されます。

ちょっと借りて、すぐに返すことも出来るわけです。

そのためサーバー運用が効率化するし、コスト削減にもなります。

費用も最小限で済みます。

これは他社のクラウドコンピューティングを利用した、面白いビジネスモデルです。

「起業」という面でも注目できるビジネスモデルです。

クラウドコンピューティングを利用すれば、起業時に大きな設備投資が不要になります。

ということは、小さな会社や個人にもチャンスが広がったということです。

ビジネスとして採算が取れればよいわけですから、

アイデア次第で、まだまだいろんなサービスが登場してきそうです。


【補足】
自社サイトの一部だけにクラウドコンピューティングを使っている例もあります。

通常はレンタルサーバーの機能を使い、負荷のかかる処理などをクラウドコンピューティングで行なうことができます。

膨大な処理能力を持ったクラウドコンピューティングのパワーを活かせば、負荷のかかる処理も短時間で済みます。





クラウドコンピューティングを提供する側(サービス事業者)

クラウドコンピューティングをサービスとして実現するには、ハードウェアやソフトウェアの面で、高度なノウハウが必要です。

Google や Amazon のような大規模のIT企業は、自社システムを運営する過程で、これまでに様々なノウハウを蓄積してきました。

サーバーの運営ノウハウ、技術、インフラを、クラウドコンピューティングとして、一般向けに外部でも利用できるように提供しています。

クラウドコンピューティングとして、よく挙げられるサービスには、以下のようなものがあります。

・Google App Engine(GAE)
・Amazon EC2、Amazon S3
・Salesforce CRM
・Microsoft Windows Azure

このようなクラウドコンピューティングには、膨大な数のコンピューターが必要です。

また、コンピューターを動かすには、電力が要ります。

サーバー室の空調や、パソコンの冷却にも電力が必要です。

つまりクラウドコンピューティングをサービスとして提供するには、設備投資以外にも、多くの電力が要るわけです。

米国は電力価格が安く、購入先の選択肢が多い点で有利です。

例えば、水力発電など、安いほうの電力が買えるからです。

また米国では、法整備も進んでいて、大規模なデータセンターを作りやすいと言われています。

クラウドコンピューティングとの関わり方は、人によっていろいろある。

クラウドコンピューティングと言っても、その関わり方は、いろいろあります。

会社や個人、立場によっても、クラウドコンピューティングをどのように利用するのかが、変わってきます。

クラウドとの関わり方によっても、受けるメリットは様々です。

(1)クラウドを提供する側(サービス事業者)
GoogleやAmazon、Microsoftなど

(2)クラウドを利用して、新たなサービスを提供する側
IT企業や起業家を含む

(3)クラウドを利用して、顧客のシステムを開発する側
システム開発会社、ソフトウェアハウス、ベンダーなど、呼び方はいろいろ

(4)クラウドを利用する一般企業
サーバーとして外部のサービスを利用

(5)クラウドを利用する一般ユーザー
ごく普通の人

他にもあるかも知れませんが、大体こんな感じにまとめることができます。

クラウドコンピューティングを提供する側にもなれるし、クラウドコンピューティングを利用して起業することもできます。

または、サーバーの運用効率を高めたり、コストダウンが目的で利用する場合もあります。

一般ユーザーとして、クラウドコンピューティングで実現されたサービスを利用するだけという関わり方もあります。

最近では、気付かないうちに使っていることが多いです。

PC(パソコン)はもちろん、iPhoneのようなスマートフォン、その他情報端末のアプリケーションの裏方として、クラウドコンピューティングが使われている可能性もあるので、どんな人でも関係があると言えます。

それに一般ユーザーと言っても、どこかの会社では働いているはずなので、社員としての関わり方もあります。

したがって一人の人間でも、個人、社員の両面から考えると、クラウドコンピューティングとの関わりは深く、そして広がってきます。

次回からは、それぞれの立場でのクラウドコンピューティングとの関わり方、メリットについて、詳しく説明します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。