クラウドコンピューティングを使うメリットとは?

クラウドコンピューティングを使うメリットは、いろいろあります。

クラウドをどのように使うかでも、メリットが異なってきます。

(1)一般企業
サーバーの設備投資、メンテナンス、人件費、場所代、電気代の費用が削減できます。

自社で多くのサーバーを持つ場合は、コンピューターを置くスペースが必要だし、PCや空調などにも電気代がかかります。

また、セキュリティ面での対策も必要になります。

ソフトウェアのアップデートや、機器の修理も必要です。

クラウドコンピューティングで、外部のサーバーを利用することによって、これらの維持管理から解放されるわけです。

またビジネスの規模に合わせて、サーバーの規模を自由自在に変えられるのも、クラウドコンピューティングのメリットです。


(2)起業家
基本的には、一般企業と同じメリットです。

でも資金の少ない起業時には、さらに大きな意味があります。

ほとんど設備投資することなく、ITで新しいサービスが開始できるようになったことの意味は大きいからです。

クラウドコンピューティングなら、小さな会社や個人でも、アイデア次第で大きなサービスを始められる可能性があります。

また、ちょっとしたスーパーコンピューターが、小さな会社や個人でも使えるようになったとも言えます。


(3)プログラマーやSE
クラウドコンピューティングによって、サーバーの構築や維持管理から解放されます。

そのおかげで、システム開発に集中できるメリットがあります。


(4)個人ユーザー
普通の人は、知らないうちに既にクラウドコンピューティングを利用していることが多いです。

Googleの Gmail や、データストレージの Dropbox などは有名です。

他にもネット上の様々なサービスが、クラウドコンピューティングによって実現されています。

だから既にクラウドコンピューティングの恩恵を受けています。

また個人でも、クラウドコンピューティングを利用して、新しいビジネスを始めることが可能です。


【補足】
クラウドコンピューティングには、もう一つ大事な面があります。

それは、サーバーのことは考えなくていいことです。

もし数百台、数千台のコンピューターでサービスが提供されていても、ユーザーから見ると1台のコンピューターとして扱えるのが、大事な点です。

1台を数台のサーバーに分割する場合も同じです。

ユーザーは、技術的な難しいことは分からなくても、簡単に利用することができます。


以上のようなことを実現できたり、多くのメリットがあるのが、クラウドコンピューティングの凄さです。

だからクラウドコンピューティングが注目されているわけです。




クラウドコンピューティング 仮想化によるメリットについて。

クラウドコンピューティングでは、仮想化技術が重要です。

仮想化することで、コンピューターリソースを有効に活用することができます。

*コンピューターリソースとは、ハードウェアやソフトウェアなどの資源

それでは、仮想化によってどんなメリットがあるのか、考えてみましょう。

(1)仮想化で統合する場合
複数のPCを1台のサーバーに仮想することで、大容量化することができます。

複数のハードディスクを結合できるので、もの凄く大きな容量が確保できます。

また、データを複数のコンピューターに分けて保存したり、バックアップできるので、障害に強くなります。

そしてコンピューターで行なう処理を、複数のPCに分散できるので、高速に計算することができます。

これまでのパソコンは、ローカルにソフトウェアをインストールして使っていました。

すると処理速度は、パソコンの計算処理能力に左右されます。

クラウドコンピューティングを利用することで、膨大な数のコンピューターの能力が使えます。

例えば、1台のパソコンで1年かかる処理でも、365台ならたった1日で済むかもしれません。

このように、計算処理が短時間で済む可能性もあるわけです。


(2)仮想化で分割する場合
仮想化技術を使うと、1台のサーバーを複数のサーバーとして仮想することもできます。

するとサーバーの運用効率を高めることができます。

通常、1台のサーバーの稼働率は、低いと言われています。

そこでソフトウェアによって、1台のサーバーを複数台として扱うことで、稼働率を上げます。

例えば仮想化で、サーバー1台を10台に分けます。

1台当たりの稼働率が10%弱でも、10台なら100%に近くなります。

サーバーをフル回転できます。

つまり、もの凄く効率が良くなるわけです。

またサーバーの稼働率が上がることで、台数が少なくて済むようになります。

これまで10台必要だったのが、1台で済むわけですから。(極端な例です)

設備投資の削減や、サーバーを置く場所(スペース)も少なくできます。

普段はあまり意識しないかもしれませんが、場所もコスト増になります。

特に土地の価格が高い都会では。

だからコンピューターの仮想化によって、全体的にコストダウンできることになります。


クラウドコンピューティングを支える「仮想化技術」とは?

クラウドコンピューティングは、仮想化技術によって支えられています。

クラウドコンピューティングは、様々な技術が集まって実現されています。

サーバーを構成するコンピューターはもちろん、ハードウェア、OS、ソフトウェア、データベースなど、さまざまな技術が必要です。

そしてクラウドコンピューティングを語る時に欠かせないのが、コンピューターの「仮想化技術」です。

仮想化とは、コンピューターを構成するハードウエア(機械設備)などの物理的構成にかかわらず、ソフトウエアで統合や分割を行なうことです。

簡単に言うと、ソフトでコンピューターを結合したり、分けたりできるわけです。

仮想化は文脈によっていろんな意味を持ちます。

様々な分野で使われています。

でもクラウドコンピューティングで重要な考えは、以下の2つです。

仮想化によって、
・複数のPCを1台のサーバーに仮想する
・1台のサーバーを複数のサーバーに仮想する
ことができます。

仮想化で大事なことは、ユーザー側から見ると、どちらにしても1台のコンピューターに見えることです。

裏側では複数のハードウェアで構成されていても、1台を分割していても、ユーザーからみるとシンプルに見えます。

つまり複雑な技術は、隠蔽されているわけです。

*隠蔽 隠すこと

そのおかげでユーザーは、難しいことは分からなくても、簡単に利用することができます。


【補足】
仮想化は、他にもいろんな意味で使われます。

例えば、OSの仮想化があります。

VirtualBox(バーチャルボックス)などが有名です。

VirtualBoxは、あるOSの上で、別のOSを実行することができます。

Windows上でLinuxを動作させたり、その逆も可能です。

他にも様々なOSに対応しています。


スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。