クラウドコンピューティングで、個人にもビジネスチャンスが広がった。

今回、ぜひお伝えしたいのは、個人でもクラウドコンピューティングを利用して、新たなビジネスを始めることが可能だということです。

アイデア次第で、クラウドで起業することができます。

以下のサービスは、個人でも利用可能です。

Google App Engine(GAE)
Amazon EC2
Amazon S3
Microsoft Windows Azure

クラウドは、「個人がちょっとしたスーパーコンピューターを使える時代になった」と言えます。

これまでは、大学や企業でしかできなかった処理が、個人でも出来るようになったのです。

クラウドコンピューティングを利用することで、高性能のサーバー、膨大な計算処理能力が、必要な時に必要な分だけ使えます。

クラウドを使うと、資金力の無い個人でも、費用を最小限に抑えて、新たなサービスを開始できるのが、大きなメリットです。

もしビジネスが成長すれば、クラウドのサーバーを拡張すればよいだけです。

逆に縮小も簡単です。

このように拡張性(スケーラビリティ)に優れています。

またクラウドの多くは、実際に使用した分だけ料金を支払う「従量課金制」となっています。

クラウドコンピューティングのサービスによっては、数時間だけ借りるということも可能です。

そのため費用面で、安心してビジネスが展開できます。

さらにサーバーの構成やメンテナンスは考えなくてよいので、クラウド上のシステム開発に集中できることもメリットです。

資金や人材の少ない個人事業では、経営資源や時間を集中できるのは、大きなメリットです。

クラウドコンピューティングを使うことで、個人でもITビジネスに挑戦しやすくなりました。

地方の田舎にいても、クラウドでビジネスができます。


【補足】
Google App Engine は、「無料の割り当て」があり、ある程度までは無料で使えます。

無料の割り当てを超える分に関しては、追加購入する仕組みです。

だからクラウドでのシステム開発を体験するのにお薦めです。

Amazon EC2も時間単位で使えるので、かなり安く試せます。




スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。