クラウドコンピューティングなら、Java言語が使えます。

クラウドコンピューティングのメリットの一つにJava言語が使えることがあります。

これまでは、プログラマー初心者が、個人でJava言語を学んでも、活用してみる場が少なかったです。

デスクトップ上で動くアプリケーションなら問題ありません。

でもサーバーサイドのアプリケーションを開発しても、公開する場が少なかったのです。

Javaが動くサーバーを構築するか、数少ないJava言語が使えるレンタルサーバーを利用するしかありません。

システム開発会社で働いていれば、Java言語が使える機会はあるでしょう。

レンタルサーバーの多くは、Java言語が使えません。

CGIやPHPが使えるレンタルサーバーは多いですが、Java言語を使ったサーブレット(Servlet)やJSPが使えるのは、ごく少数です。

そこで登場するのが、クラウドコンピューティングです。

クラウドコンピューティングで、Java言語が使いやすくなりました。

以下のサービスでは、Java言語が使えます。

Google App Engine(GAE)
Amazon EC2

Google App Engine は、「無料の割り当て」があり、ある程度までは無料で使えます。

Amazon EC2 は、時間単位で使えるので、かなり安く試せます。

Java言語は、開発者が多いプログラミング言語です。

クラウドで、その人材を活用することができます。


【補足】
Java言語がまったく初めてという人は、以下の無料講座をご利用ください。

Java言語を基礎から学ぶことができます。

Java初心者入門講座

デスクトップ上で動くアプリケーションの開発がメインですが、Java言語の基礎知識が身に付きます。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。