Amazon Cloud Driveで、クラウドにファイルを保存、同期してみました。

Amazon Cloud Driveとは、オンラインストレージの一つです。

クラウドコンピューティングで、データをインターネット上に、バックアップ保存できます。

何と言っても、あの世界的IT企業のAmazonが運営している安心感、ネームバリュー(知名度)がメリットです。

Amazonがデータを守ってくれるので、パソコンの故障や災害など、万が一の時にも安心です。

Amazon Cloud Drive

そこで Amazon Cloud Drive を実際に使ってみました。

Amazon Cloud Driveは、専用のアプリケーションや、Webブラウザから利用することができます。

専用アプリには、デスクトップ版(Windows、Mac)、スマートフォン版(Android、iPhone)
が用意されています。

またタブレット端末や、Amazon の Kindle Fire からも使えます。

例えばデスクトップ版のアプリをパソコンにインストールすると、ハードディスクにAmazon Cloud Drive 専用のフォルダが、自動的に作成されます。

あとはこのフォルダの中に、ファイルを入れるだけで、自動的にクラウド上にアップロードされ、安全に保存してくれます。

ファイルを追加したり、更新すると、リアルタイムで、すぐにクラウド上のデータも更新されます。

スマートフォンなどの携帯端末は、紛失や盗難、故障などにより、データを失う心配がありますよね?

でもクラウド上に保存しておけば、もう安心です。

新しい端末に買い換えても、すぐに元の状態に復活できます。

Amazon Cloud Driveの登録は無料です。

日本では Amazon.co.jp のアカウントがあれば、簡単にサインインして利用できます。

つまり、Amazonでお買い物をしたことのある人なら、すぐに使えるわけです。

写真や動画、文書などのファイルを、5GBまでは無料で保存できます。

必要があれば、有料プランで最大1,000GBまで拡張できます。

20GBの場合でも、年間800円しかかからず、かなり安いです。
1ヶ月当たりだと、たった67円の計算になります。

これだけの金額で、大きな安心感が得られるのですから、メリットは大きいですよね。

Amazon Cloud Driveは、複数の端末からアクセスして利用できます。

ファイルは自動的に同期されるので、どの端末からでも、いつも最新版のデータを使えます。

ビジネスでは特に便利です。重宝します。

ps:
アプリをPCにインストールすると、自動的に Amazon Cloud Drive 専用のフォルダが作成されますが、この場所を変更できると、もっと良いのになぁーと思いました。

まぁ、気にしなければ、問題ないんですけどね。

あとは他の人とのファイル共有機能があれば便利です。

Amazonには大事なファイルだけ保存しておいて、
ファイル共有には、他のオンラインストレージを利用すれば良いだけですが。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。