クラウドコンピューティングの例は、Gmailが一番身近。

クラウドコンピューティングの一番身近な利用例は、Google社が提供しているGmailです。

Gmailがクラウドコンピューティングとは意識せずに使っているユーザーも多いはず。

クラウドコンピューティングは、それほど身近な存在になっています。

Gmailとは、ウェブブラウザ上で使えるメールソフトです。

Gmailのメリット、魅力は沢山ありますが、

何といっても、データがクラウド上のコンピューターに保存されていることです。

もし、いつも使っているパソコンが壊れても、メールのデータは大丈夫です。

パソコンにインストールするタイプのメールソフトなら、バックアップが必要ですよね?

そのようなメンテナンスの手間が無いだけでも、楽だし、安心です。

しかも複数の端末から、同期された同じメールを使えるので、とても便利です。

パソコンを買い換えた時も、ウェブブラウザさえあれば、

今まで使っていたメールをすぐに使えます。

また、なんと無料でも15GBという大容量なので、いちいちメールを削除しなくても大丈夫。

受信したメールは、どんどん蓄積できます。

Gmailには、強力で高速な検索機能があるので、

大量のメールからでも、目的のメールをすぐに探せるからです。

まるでデータベースのようです。

このような高速処理も、クラウドコンピューティングならではのパワーです。

クラウドの向こう側のコンピューター達が、頑張ってくれていますw

Gmailは、メールを整理しなくても、あとで強力な検索機能で探せるわけです。

他にもラベル(フィルターのような機能)で、

自動的にメールを分類することも可能です。

さらにチャットやハングアウトでビデオ通話、電話もかけることができます。

ps:
私がGmailを使っていて便利に感じているのは、

メールアドレスを、「ユーザー名 + 任意の文字列」で使えることです。

「+」の演算子で、サブアドレスのようなものが作れるイメージ。

メールをメールアドレスで使い分けたい時に、とても重宝する機能です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ