クラウドコンピューティングとは何ですか?

クラウドコンピューティング(cloud computing)とは、インターネット上にある多数のコンピューターを、有効利用するサービスの総称です。

クラウド(cloud)は、「雲」を意味しています。

インターネット上に広がるコンピューターのネットワークを、雲にたとえているわけです。

元々ネットワークのイメージ図に「雲」が使われていたことにも由来しています。

コンピューティング(computing)には、計算する、コンピュータ処理などの意味があります。

つまりユーザー(利用者)は、インターネットに接続することで、その向こう側にある膨大なコンピューター資源を利用することができるわけです。

ユーザーにとっては、どのような仕組みでサービスが提供されているのか、まったく気にする必要はありません。

まるで雲の向こう側のように、もやもやとした感じで見えないのです。

でも確かに存在しています。

それがクラウド・コンピューティングです。

また私達は、気付かないうちに、既にクラウド・コンピューティングを利用しています。

もう恩恵を受けているのです。

実はインターネット上の多くのサービスが、クラウドコンピューティングの技術を使って実現されています。

一番有名なのが、Googleの「Gmail」というメールサービスです。

大容量が使えるGmailの裏では、膨大な数のサーバーが動いています。

でもユーザーは、難しいことを考えなくても、簡単に利用できますよね。

他にも表計算やワープロといったオフィスソフト、大容量のデータストレージ(保管)などのサービスも、クラウドコンピューティングの技術が使われています。

そこでこの無料講座では、クラウドコンピューティングの基礎、メリット、利用されているサービスなどの紹介を記事にしたいと考えています。

お楽しみに!

スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。