クラウドコンピューティングを提供する側(サービス事業者)

クラウドコンピューティングをサービスとして実現するには、ハードウェアやソフトウェアの面で、高度なノウハウが必要です。

Google や Amazon のような大規模のIT企業は、自社システムを運営する過程で、これまでに様々なノウハウを蓄積してきました。

サーバーの運営ノウハウ、技術、インフラを、クラウドコンピューティングとして、一般向けに外部でも利用できるように提供しています。

クラウドコンピューティングとして、よく挙げられるサービスには、以下のようなものがあります。

・Google App Engine(GAE)
・Amazon EC2、Amazon S3
・Salesforce CRM
・Microsoft Windows Azure

このようなクラウドコンピューティングには、膨大な数のコンピューターが必要です。

また、コンピューターを動かすには、電力が要ります。

サーバー室の空調や、パソコンの冷却にも電力が必要です。

つまりクラウドコンピューティングをサービスとして提供するには、設備投資以外にも、多くの電力が要るわけです。

米国は電力価格が安く、購入先の選択肢が多い点で有利です。

例えば、水力発電など、安いほうの電力が買えるからです。

また米国では、法整備も進んでいて、大規模なデータセンターを作りやすいと言われています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ