クラウドコンピューティングを利用して、新たなサービスを提供する側

最近では、クラウドコンピューティングを提供するサービス事業者のサーバーを利用し、新たなサービスを開始する会社も出てきました。

例えば Dropbox は、Amazon が提供しているクラウドコンピューティングを利用していると言われています。

Dropboxは、オンラインストレージ(またはデータストレージ)として、一般ユーザーに無料(2GBまで)、または有料で提供しています。

*最近はクラウドストレージと表現することもあります。

サービス事業者のコンピューターを使えば、ビジネスの規模に合わせて、借りるサーバーの容量を増減できるので、スケーラビリティ(拡張性)に優れています。

最初は小さく始めて、ユーザーが増えると、サーバーの容量も増やせるわけです。

しかも設定は全てネット上ででき、短時間で反映されます。

ちょっと借りて、すぐに返すことも出来るわけです。

そのためサーバー運用が効率化するし、コスト削減にもなります。

費用も最小限で済みます。

これは他社のクラウドコンピューティングを利用した、面白いビジネスモデルです。

「起業」という面でも注目できるビジネスモデルです。

クラウドコンピューティングを利用すれば、起業時に大きな設備投資が不要になります。

ということは、小さな会社や個人にもチャンスが広がったということです。

ビジネスとして採算が取れればよいわけですから、

アイデア次第で、まだまだいろんなサービスが登場してきそうです。


【補足】
自社サイトの一部だけにクラウドコンピューティングを使っている例もあります。

通常はレンタルサーバーの機能を使い、負荷のかかる処理などをクラウドコンピューティングで行なうことができます。

膨大な処理能力を持ったクラウドコンピューティングのパワーを活かせば、負荷のかかる処理も短時間で済みます。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ