クラウドコンピューティングとプログラミングの学習との関係。

クラウドコンピューティングプログラミングの学習には、深い関係があります。

最近はクラウドコンピューティングを活用する企業が増えてきました。

それに伴い、クラウド上で動くシステムを開発するベンダーも増えています。

自社開発する場合でも、プログラマーやSE(システムエンジニア)は必要です。

するとクラウドと関わるプログラマーやSEの人数も増えることになります。

プログラミングの学習との関係で言えば、クラウドを利用したシステム開発に対応できるように、プログラマーやSEの社内教育が必要です。

またクラウドは、プログラミング初心者にも関係があります。

もしあなたがプログラミングが出来れば、個人でもクラウドを使って、新しいサービスを開始できる可能性があるからです。

最近はクラウドの技術に関する書籍が増えてきました。

インターネット上の情報も増えています。

したがって、個人でもクラウドコンピューティングについて学ぶことが可能です。

また、クラウドコンピューティングをプログラマーやSEの視点で見ると、サーバーの構成やメンテナンスから解放されるメリットは大きいです。

クラウド上で動くアプリケーションの開発に専念できるからです。

しかも Google や Amazon といったIT大手企業のサービス基盤上で運用できるということは、インフラの運営ノウハウを活用できるということです

サーバーの付加分散、バックアップ、セキュリティ面など、一通り整っています。

その分、時間や労力をシステム開発に集中できます。

クラウドは、企業にとってもサーバー設備の導入費、メンテナンスの手間、人件費が省けるので、コストダウンになります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






クラウドコンピューティング初心者入門講座 TOPへ